バイデン・ハンター

米Twitterと米Facebookは10月14日(現地時間)、米タブロイド紙New York Postが同日投稿した民主党の米大統領候補、ジョー・バイデン氏に関する2本のスキャンダル記事の拡散を制限するための措置をそれぞれ講じた。

この記事は、2015年に当時バラク・オバマ大統領政権で副大統領を務めていたバイデン氏が、息子のハンター・バイデン氏の仲介で、不正疑惑のあったウクライナ企業の幹部と面会し、その便宜を図ったというもの。その証拠となるメールが、修理店に持ち込まれたハンター・バイデン氏のものとみられるPC(確証はない)から見つかったという。記事にはメールの画像なども掲載されている。

TwitterはNew York Postの公式アカウントが投稿したこの記事のリンク投稿を非表示にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です