帝政ロシアンボンバ(働く男)

前回の続きです。

ピョートルたちはヨーロッパへ勉強にやってきたときヨーロッパの風俗習慣に従わねばならぬとはちっとも考えなかった。仕事を学ぶのに一生懸命のあまり、自国のドイツ人居留地で知り合った外国人というのは、ヨーロッパのくずで、ヨーロッパの代表でもなんでないという時事を悟れなかった。




にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です