帝政ロシアンボンバ(ふり向くな君は美しい)

 

知識に磨きをかけるため、ピョートルから指名を受けたものは家族を置いて、老いも若きも全員が荷物をまとめ異教徒の国目指して旅立たなければならないのだった。技術を習得したという証明書を師匠からもらい受けるまで、帰国は許されない。いたずらに帰国を急ぐものは、ツァーリによって財産を没収されることになる。
別離の時、あとに残される妻は喪に服すという気持ちを表すため皆、青いドレスを着た。




にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です