帝政ロシアンボンバ(迷惑でしょうが・・・)

 

 

49

 

 

当時、ロシア人は国外に出る事を禁じられていた。外国の風俗や考えを知ることにより、ロシアの人々が隷属の鎖(タタールのくびき時代)を断ち切ろうとすることが恐ろしかったからである。

1676年12月6日、ピョートルが貴族会議でこの計画を発表したとき、貴族のほとんどが当惑を隠そうともしなかった。

 

 

 

 


にほんブログ村 漫画ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です