フィリピンの英雄・ドゥテルテ大統領


ニュース元ネタはこちら

とこちらから

2016年9月

ドゥテルテ大統領は

「俺は独立国家フィリピンの大統領だ。植民地としての歴史はとっくに終わっている。フィリピン国民以外の誰からも支配を受けない。一人の例外もなくだ。俺に対して敬意を払うべきだ。簡単に質問を投げかけるな。このプータン・イナ・モ(くそったれ)が。売春婦の息子め。サミットで呪ってやる」

と、タガログ語の汚い言葉を使ってオバマ大統領を罵倒しました。
しかし捨てる神あれば拾う神あり。
四面楚歌のドゥテルテ大統領に、心優しきプーチン大統領がドゥテルテ大統領とお友達になってあげたのでした。

ニュース元ネタはこちら

にほんブログ村 漫画ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です