今週のロシアニュース

【ロシア旅客機緊急着陸】

乗客乗員233人を乗せたロシアの旅客機ウラル航空のエアバスA321型機が、上空でカモメの群れに突っ込み、エンジンが失速してモスクワの空港に近いトウモロコシ畑に不時着した。

乗員乗客233人のうち23人が病院に搬送されたが、命に別条はない。ロシアの国営メディアは「ラメンスク上空の奇跡」と呼んでいる。
ペスコフ大統領報道官はパイロットらを「ヒーロー」だと称賛した。メドベージェフ首相も今回の行動は「最も高い称賛に値する」として勲章を用意するよう運輸省に指示を出した

 

(写真のふたりが死者0の奇跡を起こしてくれた英雄のパイロットたち)


【ロシア軍施設爆発】

ロシア北部アルハンゲリスク州の軍のニョノクサ実験場で8日、ロケットエンジンが爆発した。

国営原子力企業ロスアトムの科学者5人が死亡。同社は後に、5人が新兵器の実験に関わっていたことを認めた。負傷者も複数おり、病院に搬送された。実験場から約30キロ離れたセベロドビンスクの町内に設置された複数のセンサーで、基準値の4~16倍の放射線レベルが基準値を上回り、正常に戻ったのは2時間半後だったという。

ペスコフ報道官は今回の騒ぎに際し「事故は起きるものだ」と述べた。

爆発事故を受け、ロシア政府は白海の一部を閉鎖。今後1カ月、輸送作業を停止する方針だ。


【プーチン大統領、久々バイクで登場】

10日、クリミア半島の港湾都市セバストポリにてバイク集団「夜の狼」が主催するバイクショーに出席した。

ロシア製バイク「ウラル」のサイドカーに、クリミアのゴブリンことクリミア共和国首長アクショーノフ氏を乗せ、自らバイクのハンドルを握り、愛好家らと共に疾走した。

在ウクライナ米国大使館は、今回のプーチン大統領のクリミア訪問に対して「クリミアはウクライナのものだ。この訪問はロシアの権威を誇示しただけでなくウクライナの主権と領土一体性への受け入れられない侵害である」とコメントした。

 

(プーチン大統領を撮る前に、その服をどうにかした方が良い気がするが・・)

「今週のロシアニュース」への2件のフィードバック

  1. そういえばロシアのニュースのアナウンサーの後ろで作業している殿方は、水着アイドルを観てる人とソリティアをしてる人なんですね笑 細かい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です