今週のロシアニュース

【父親から何年にもわたる性的虐待。殺人容疑のロシア人3姉妹に同情論】

父親の殺人容疑で裁判にかけられているロシア人の3姉妹に同情論が巻き起こっている。

姉妹は父親の睡眠中、催涙スプレー、ナイフ、ハンマーを使い襲った。捜査では、姉妹は父親から何年にもわたって身体的・性的虐待を受けていたことが判明。捜査では、姉妹は父親から何年にもわたって身体的・性的虐待を受けていたことが判明。弁護士によると、姉妹は事件の当時、心的外傷後ストレス障害に苦しんでいた。

この事情が報じられて以降、23万人を超える人々が署名、姉妹の刑事罰の回避を求めた。

ロシアでは2017年、DVの一部が刑事罰から外された。改正法では、家族を殴って出血や打撲を負わせた場合、繰り返さなければ最高でも罰金。ロシアの法制度の不備も指摘されている。


【トルコリラ大暴落】

12日の外国為替市場でトルコの通貨リラが下落。ロシアから輸入するミサイル防衛システムの最初の主要な納品が始まった。ロシア製システムの輸入は米国の制裁を引き起こす可能性がある。


【ロシア議員、同性婚に対し「家族の基盤が崩れる」】

 

プーチン大統領の側近とも知られる

マトビエンコ上院議長が「最近、家族の基礎が腐り、破壊される状況を目の当たりにしている。同性カップルに養子をもらう権利を与えれば人類は堕落する」と発言。

各国で広がる同性婚容認の流れを批判したマトビエンコ上院議長について、ロシアのインターネット上では「同性愛への差別主義者だ」などといった抗議が噴出し、辞任を求める声も上がっている。


【プーチン大統領、洪水見舞い】

6月末ロシア南部のイルクーツクが、過去に例のない大規模な洪水に襲われた。

プーチン大統領は、イルクーツクに犠牲者たちにお見舞いに赴いた。

洪水の被害者の一人がプーチン大統領にこう訴えた。「私は子供たちのために何十年も一生懸命働いて新しい家を建てました。それなのにすべてが消え去りました。これから先私何をすべきですか?」

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です