プーチン大統領とベラルーシ

ニュース元ネタhttps://courrier.jp/news/archives/51456/

https://matome.naver.jp/odai/2138124366038036201/2138132809095465603

ベラルーシという国自体、そもそも日本にはマイナーな国なうえに、そこの大統領なんてもっと、どマイナーな存在なんでしょうけど、

このルカシェンコ大統領(Алякса́ндр Рыго́равіч Лукашэ́нка )、本当におかしなオッサンで、ロシア国営放送の3D風刺アニメーションでさえ、オチ担当にされちゃうほど。

そもそもお顔が面白い。普通にしてるだけでなんか吹き出してしまう破壊力のあるルックス。

「大統領はこのルカシェンコだけで十分」という理屈で、ベラルーシ国内では、ルカシェンコ以外に、大統領という言い方を使う事を禁止たりするくらい、とにかくいろいろぶっとんでる。

しかも息子のニコライくんをものすごく溺愛して、

拳銃を常時持たせちゃったりするし

とにかく、ベラルーシはロシアと付き合いも長いし、ものすごく慕ってくるから、ロシア側もむげに出来ない、

プーチン大統領もちょいちょい遊んであげたりするのだけど、ちょっと面倒くさそう。

さて、最後のプーチン大統領の

「ソビエトを思わないものは心が無い。が、ソビエトに戻りたいものは脳が無い」という発言は、正確にはルカシェンコに対していったものではありません。(作者の脚色です。)
二〇〇五年、五月五日、ドイツのテレビZDFのインタビュー、および、二〇一〇年一二月のロシア国営テレビ「テレビ国民対話」で言ったセリフです。http://blog.goo.ne.jp/tgalmoh/e/b6f72dd7402666870a3a7f5ffcbf0764

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です