プーチン大統領の夏休み


ニュース元ネタhttps://jp.sputniknews.com/russia/201708063964818/

プーチン大統領はロシア連邦を構成する共和国の1つであるトゥヴァで2日間の休暇を過ごした。半裸で日光浴をしたり、ショイグ国防相とキノコ狩りをしたり、ボートを操縦したり、カヤックに乗ったり、ハイキングをしたり、バイカル湖に「オームリ」の稚魚をリリースする式典に出席するなど。

大統領が水中でカマスを取っている動画は5日、テレビ局「ズヴェズダ」のサイトなどに公開された。潜水服を着た後、水中でかますを釣り、そのまま泳ぐ様子が映されている。シベリアの湖周辺の気温は、通常17度ほどだが、大統領報道官のドミトリー・ペスコフ氏は

「大統領が泳ぐのに、この気温は何ら問題とならない」と言い、「獲物を2時間追いかけ、最後には仕留めた」と話した。


にほんブログ村

漫画・アニメランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です