決裂の伏線

911の真相についてはいろんな説があります。
よく言われているのが、ビンラディンは最初から最後まで、CIAのエージェントで、米国が戦争を拡大させたいがための自作自演だった説。

たしかに、冷戦時代からブッシュ家とビンラディン家はずっと共同経営していたほど、つながりの深い関係でした。

ただし、ロシアンボンバでは、「911はアメリカ自作自演説」はとらない方向で描き進めていますのご理解ください。

(一応、ブッシュ家とビンラディン家は昔はビジネス上、繋がっていて、子ブッシュとビンラディンは交友があった、戦争が始められて軍需が儲かってブッシュ家ラッキー、という設定ではあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です