バサエフの憂鬱

チェチェンは、西側ジャーナリストが伝えるような、
ただの「ロシアから迫害され続けてきた可哀想な被害者国」ではありません。

血の掟もあるし、誘拐婚も続いてるし、未亡人集団がテロ軍団になって暗躍もするし、隣国の部族いじめまくったりしてましたし。
戦闘民族サイヤ人、とイメージした方がいいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です