閑話休題 ムーミン

遅めの夏休みを取らせていただきます。27日(水)には通常通り、漫画の新作をアップいたしますので、ご了承ください。


閑話

昨日に続いて、ロシアの豆知識。昨日は「くまのプーさん」と、アニメーションの話題だったので、今日もアニメーションネタをば。

みなさん『ムーミン』はご存知でしょうか?

 

元々はフィンランドの児童文学が原作のキャラクターで、「楽しいムーミン一家」シリーズとしてベストセラーになり、

日本制作のアニメシリーズが過去3度も、放送され好評を博しました。

しかし、原作者のトーベヤンソンが、日本の作ったアニメ・ムーミンがお気に召さなかったようで、何度も原作者からのクレームが入り、結果、90年代以降、日本主導でのオリジナルムーミンは作られなくなりました。

(現在、売り出されてるムーミングッズの大半はイギリス新聞コミック版からです)

 

 

ムーミンの映像化は、何も日本だけではありません。ドイツでもスエーデンでも実は作られています。

ドイツ版ムーミン↑

スエーデン版ムーミン↓

ぶっちゃけると、日本のアニメ・ムーミンのほうがクオリティはバツグンに高いです。数年前に、フィンランドが新作ムーミンアニメ映画を製作されさましたが、そちらも、正直・・

さてさて。恐ろしいことにロシア(当時ソ連)でもムーミンはアニメーションとして制作されていました。

 

 

これが、その、ロシア(ソ連)版・ムーミンです。

 

このムーミンは、これはこれで好きです。


海外ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です