閑話休題 ガンダムシリーズ 


すみません、今日は漫画はお休みです。今回も日本のアニメに出てくるロシア人キャラクターを紹介します。


もはや説明不要の国民的、いえ世界的なロボットアニメ。(←ロボットではない、モビルスーツだ)

「機動戦士ガンダム」シリーズ。

たくさんあるシリーズの中に、二人、ロシア人のガンダムパイロットがいます。

「機動武闘伝Gガンダム」

ネオロシア人の

アルゴ・ガルスキーさん。

宇宙海賊の頭目で、おっさん臭い見た目だけど26歳、人呼んで「ブラックジョーカー」。ボルトガンダムのファイター。


そしてもう一人

「機動戦士ガンダム00」

セルゲイ・スミルノフさん。

ロシアの荒熊と呼ばれる、人革連軍MS部隊の優秀な指揮官。

敵側の人間ですが、「00」シリーズ唯一の良心的存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です