閑話休題 くまのプーさん

遅めの夏休みを

取ります。27日(水)には通常通り漫画をアップしますのでご了承を。


閑話。

プーチンつながり、というわけではありませんが、

 

『くまのプーさん』の、ロシアの豆知識。

『くまのプーさん』といえば、ディズニーのアニメーションを連想する方も多いでしょうが、

 

『くまのプーさん』の原作は元々、イギリスの児童文学。

つまり、原作の財団にキャラクター使用料と許可を得れば、どの国の人間がどんなデザインで作っても法的に構わないわけです。

61年にアメリカが最初に『くまのプーさん』をアニメーションにしたのですが、

ロシア(当時ソ連)でも
1969年から1972年にかけて、ディズニー版とは別に、『ヴィンニ=プーフ』(露: Винни-Пух)という総題で3作の短編アニメーションが作られています。

これが、そのロシア(ソ連)版のプーさんです。↓

 

タヌキ?

 

ちなみに、これがブタのピグレットです↓

これはこれでかわいいですよね。

ロシア(ソ連)版↓

アメリカ版↓



海外ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です