謝罪を要求する

ニュース元ネタhttp://hello.ap.teacup.com/irisatissimo/41.html

 

もうちょっとだけ、長いセリフでお送りすると、

プーチン「たしかに、バルト三国は、壮大な世界政治における取引材料に過ぎなかった。これらの国にとってはまさに悲劇そのもの。この点ははっきりさせる必要がある。しかしモロトフリッベン協定の合意については、ペレストロイカ最盛期の1989年、ゴルバチョフ政権によって既にソビエト最高議会が明確に非難した。
我々は、ヒトラーとスターリンによるこの合意を非難するとともに、これを、ソ連邦の利益に反するスターリン個人の決定によるものである、と。はっきりと書き残してもいる。君は(エストニア記者に)ロシア語がお上手だから、その資料も正確に読めるのではないかね?
そもそも、私はスターリンをヒトラーと同等に扱うようなやり方に賛成できない。確かに、スターリンが暴君であったことは否定できないし、犯罪者であるとする人間も多い。政治的弾圧、住民全体の強制移住、等々。
だが、彼はナチなどではない1941年6月22日、ドイツ国境を越えたのはソ連軍ではない。じっさいは反対だ。

歴史を認め、歴史からの教訓を大事にすることが必要だ。

だが、我々はそれを既に行っている。毎日、毎年する必要があるのだろうか?そんなことはまったく無意だ。謝罪は一度で十分だ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です